ドルコスト平均法で積み立て可能なドコモのポイント投資が面白い

      2018/09/01

こんばんは、岸(@kishiputa)です。

ドコモのポイント投資にハマってます。

ドコモはドコモ光加入していて家族全員ドコモでdカードゴールドまで発行しておくとdポイントがめちゃくちゃ貯まります。携帯料金の機種代部分では貯まりませんが、純粋な通信代̟に加えて少なくともドコモ光の料金に対して毎月10%ポイントが貯まるので、毎月4~500ポイントは絶対貯まります。

そのポイントの使い方の1つとして、始まったのがポイント投資です。

ポイント投資について公式ページはこちら

以下抜粋。dポイント投資は、お手持ちのdポイントを使って投資体験ができる新しいサービスです。dポイントを「運用ポイント」に交換(追加)すると、運用ポイントが投資信託の基準価額に連動し毎日変動します。運用ポイントはいつでもdポイントに交換(引出)することができます。

ちなみに僕はサービスが開始してすぐの5月20日から運用開始しました。

昨年末にアップルウォッチを買うのに1万ポイント以上使っていましたが、すでに8000ポイント貯まっていたので、初回に8000ポイント、その後も適当な日に数百ポイントずつ積み立てていってます。

【関連記事仮想通貨取引にも便利AppleWatchSeries3をドコモオンラインショップで購入

ドルコスト平均法で積み立てできるうえに有効期限無しで取引手数料無料とか神すぎる

僕は適当に開いたときに貯まってたポイントを追加積立していってますが、上の図のように細かく期間を分けて長期で積み立てできるので、定額を等間隔で追加積み立てしていけば、価額が安いときには沢山買い高いときには少しだけ買う(ドルコスト平均法での)積立となり、超安全な運用となります。

極端な話、Zaifの仮想通貨積立みたいに細かく毎日でも定額積み立てできます。

元々もらったポイントなので心理的な負担もありません。

しかもdポイントのままだと有効期限(48か月)がありますが、dポイントから投資ポイントに変換すると有効期限が無くなります。ちなみに投資ポイントからdポイントに戻すとその日からまた48か月の有効期限が開始されます。その後、再度投資ポイントに変換する再投資も可能(サポセンに確認済)

さらにさらにdポイントから投資ポイントへの変換の手数料無料、投資ポイントからdポイントへの変換(通常の投資であれば利確にあたりますね)そのどちらも、手数料無料。

これだけ揃えばリスクはとても低く、本当に楽しみながらの長期投資が可能になります。

dカードゴールド所有などでポイントがたくさん貯まるものの使い方に困る方はとりあえず投資ポイントに変換しておけば少なくとも有効期限切れは避けられるかと。

運用コースは2つ。アクティブかバランスか。

基準価額はロボアドのTHEOで有名なお金のデザインが運用する投資信託の基準価額に連動します。

アクティブコースは世界の株価中心。バランスコースは世界の債権中心だそうです。

僕はアクティブコースで運用していますが、途中でメニューからコース変更もできます。

5月20日から7月29日までの僕の運用実績

前述したような積立の結果、今、dポイントに戻すと213ポイント利益がある状態です。

1.7パーセントぐらい増えてる感じですかね。

低リスクなので子供の投資体験にもオススメ

お金のデザインやドコモには元々若い世代の投資体験を加速させたいという狙いがあるようです。

僕にも小学生の子供が2人いますが、いつどの段階でお金の教育をしようかと迷っているところが実際あります。

ポイントを使っての投資であれば、実際に何かを買えるものでありながらも、ゲーム感覚で経済の上げ下げを体感してもらえるので結構良いんじゃないかなあと思ってます。

これが無くてもまあ今は仮想通貨がその役割を果たせそうではありますがまだ使える場所が少ないですからね。

ドコモのポイント投資、ドコモユーザーにはぜひぜひおすすめのサービスです。

【この記事の続きはこの記事です】

【8月実績】ドコモポイント投資はゆるく勝てるので必死でdポイントを集めたい

 - 携帯電話,